荒川区のマンションを売却しました

家を買い替えようと思いマンションを売却することに

家を買い替えようと思いマンションを売却することに | 友人の紹介してくれた不動産会社に行った | 丁寧に対応してくれた担当さんに感謝

荒川区マンションは20年前に購入したものです。
当時は子供たちもまだ小さくて、それぞれにいつか子供部屋として自分の部屋を持たせるために、部屋数の多いマンションを選びました。
子供達は狭くても自分の部屋を喜んでくれて、勉強したり、友達を連れてきて遊んだりと、思いおもいの使い方をしていたようです。
狭くても自分だけの空間を子供達に与えることができたことは、とても良い事でした。
しかし、あれから20年が経ち、子供たちは大人に成長しました。
大学を卒業し、家を出て社会人として一人暮らしを始めました。
子供たちの部屋は、主人がいなくていつも空っぽでした。
夫婦2人だけの生活に、今のこのマンションはあまりに広すぎます。
夫婦2人ならリビングと寝室があれば、もう十分事足ります。
もう少しコンパクトな家に住み替えをしたくて、荒川区のマンションを売却することにしました。
初めてのマンション売却は、何をどうしていいのか全くわからない状態でした。
素人ですし、物件取り引きには全く知識がありません。
そこで友人に相談して、売却してくれる業者さんを紹介してもらいました。
友人とは、もう40年以上の付き合いです。
困った時はいつも彼に相談しているような気がします。
とても頼りになる、信用できる人物です。
そんな友人の紹介してくれる不動産会社なら、信用できると思いました。